オフィスワークで上手に気分転換するコツ

ある企業のオフィスワークでは昼寝タイムを設けこれをする事でその後の仕事がスムーズになり中身が濃い仕事となる。

オフィスワークで上手に気分転換するコツ

オフィスワークならではの昼寝タイム

オフィスワークで上手に気分転換するコツ
これから夏本番を向かえると仕事能力が低下してしまうのは当然あるかと思います。人間暑くなると思考力の低下は否めません。そのように思っていた時にある記事を発見したのです。それは日本の企業で、毎年サマーシーズンと呼ばれる7月〜8月に仕事中に昼寝タイムを設けている企業があるそうです。しかも昼食後の1時間から2時間に昼寝をしています。これはどのような効果があるかと言いますと、夏の暑さで思考力が低下してこれでは良い仕事は出来ず、ダラダラ仕事をしていても仕方がないと言うのが目的であるそうです。しかもオフィスワークですと毎年節電の夏ですから、室内の冷房温度を上げて対応していると思います。この昼寝をする事でオフィス内のあらゆる機器、パソコン、コピー機、が一度止められる事で室内の温度も上がらずに済みます。人もそれに合わせて昼寝する事で動いている時ほど体感温度は暑く感じないそうです。

こうする事で会社の節電にもなるそうです。そして肝心な人は、2時間たっぷり昼寝する事で頭すっきり、体は見違えるように軽い感じになるそうです。いくら自分の仕事が大量にあったとしても必ず昼寝時間は取るようにしていると社員の声も記載されていました。そして昼寝後に一斉に仕事を始め、これがまた不思議なくらいスムーズに進むそうです。ある社員等は目が覚めると考えていた新しい企画等が閃き、提案がどんどん出るそうです。この昼寝をした時間分退社時間はズレ込みますが、各自が良い仕事、中身の濃い仕事が出来るのでとても良い方法ではないでしょうか。これはオフィスワークだからこそ無し得る事であります。

では、どうすれば予防が出来るのでしょうか。それは乾燥を防ぎ、体の中に菌を入れない事です。自分のデスクや部署に加湿器を置き、湿度を保つことで風邪の予防になります。また、マスクをするのも乾燥や風邪予防に役立ちます。もちろん、うがい手洗いもとても大事な要素となります。小さな事から風邪予防を始めてみませんか?

オススメのサイト